FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく。

雪で紹介できてなかった革製品を紹介したいと思います。

まずは手提げバッグ。
IMGP2623-w.jpgIMGP2628-w.jpg

奥さんのお母さんが還暦を迎えるということで何かプレゼントしようと思い、以前から気になっていたという形のバッグを作りました。

革は牛のスエードで、シボと言ってオーストリッチや豚革にみられる、いわゆる「毛穴」にみせた加工の施してある革を使用しました。
ヌメ革との組み合わせでより手作り感が出るようにしてみました。

IMGP2625-w.jpgIMGP2624-w.jpg

ちょっとした手間を加える事で製品の質が上がります。

持ち手部分にヌメ革をパンチングして、下から青い革をのぞかせました。

ベルト部分は「刻印」により編みこんでいるかのような模様をつけてあります。

とっても喜んでくれたので作った甲斐がありました。

続いて折財布。

この財布は以前紹介した・・・
IMGP2543.jpg

この財布のお客様が「旦那さんにも」とご注文いただきました。

IMGP2666-w.jpg

ベースは同じ革を使い、50代の方なので、派手過ぎず・地味過ぎずというラインを保って、プラス「紳士的」な要素も取り込みデザインを考えました。

ヌメ革で付けたラインは、緩やかな曲線にパンチングによる通称「親子穴」とか「メダリオン」などという技法です。

これはよく靴などのつま先部分に見るデザインでとても紳士的な印象に仕上がります。

IMGP2664-w.jpgIMGP2665-w.jpg

中はいたってシンプルな作りですが、小銭入れ部分はちょっとこだわって、フタの形をアシンメトリーにして、構造的には小銭が見易く取り出し易いタイプのものにしました。

もうすぐバレンタインです。

彼氏や旦那さんに手作りの革の贈りものはどうですか。
スポンサーサイト

バンビ毛皮ウエストバッグ

今回はバンビ(鹿)の毛皮をフタに使用したウエストバッグです。

IMGP2447-b3.jpg


とても毛並が良く、毛の流れにそってナデナデしてると思わずクセになってしまいそうですピクミン

本題に入りたいと思います・・・

今回のお客様は、とても詳細を明確に伝えていただけたと言うこともあって、とてもイメージしやすく作り手にとっては大変助かりましたニコニコ

IMGP2451-b2.jpg

まずはバッグ本体に取り掛かりましたMH-iconハンマー
前面にポケット、フタを閉めたときにチラ見えする赤いヘビ革さとと-ヘビちゃんそしてジッパー式というのが主なご要望でした。
それと・・・フタを閉めたときにバタバタ酔いどれインコしないように留め具をということで、今回は開閉に楽なマグネットを使用しました。

本体自体は濃~い茶、焦げ茶の革を使いしぶく仕上げました。

本体にさほど苦労はなかったんですが、いざフタに取り掛かろうと思うと、急に手止まりましたアップロードファイル

理由は本体とのバランス。。
ここがお客様の1番のご要望「今さっき山から鹿の皮剥いできました」鹿このご要望がとてつもなく自分にとって高になりました。

とにかく自然のラインをうまく利用するということだけは決まっていましたが、どの方向でどこの場所を使ってということがなかなか決まらず本体を作るよりも時間を費やす結果になってしまいました汗

しかしこのバッグの最大のポイントなので当然のことかもしれません。
そして苦労の末、ついに完成
フタもバシッとキマり、赤いヘビ革さとと-ヘビちゃんチラ見えもGoodで・・・すが本体が縦長のせいか全体のバランスがいまいちな気が・・・

IMGP2459-b2.jpg


と言う不安は実際に付けてみて吹っ飛びましたロケット
画像のように毛皮の感じも、大きさも存在感をとてもアピールできていて120%の完成度でした。

この度は誠にありがとうございましたぺこり

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

HY

Author:HY
服部革店の服部です。
革にはじまり、色々な事に興味をもつ2児のお父さんです。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。