FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴重な一品

今回がようやく3つ目の長財布。

何が貴重かと言うと、”RAE”と焼印が入っているのが分かるでしょうか?

IMGP2546.jpgIMGP2567-w.jpg

これは牛のブランドを示すもので、北米産??ここは曖昧なところですが、とにかく大きな革の中で1箇所しかとれない非常に貴重な部分なんです。

これは意図的に入れたものではないのでまた違った存在感があります。

この革をうまく活かすためにゴチャゴチャしたデザインは避けて、茶系の革とのツートンカラーで落ち着いた感じに仕上げました。

IMGP2566-w.jpgIMGP2564-w.jpg

表のデザインの工法が初めてするものだったので、うまくいくか心配でしたが上々の出来でした。

今回のモノは特にこのことが言えますが、オーダーメイド・1点ものは最強にして最大の自己満足品だと思います。

2つとしてない、自分だけの、自分の考え・想いの詰まったモノだと。くさっ汗


スポンサーサイト

2つめ完成!

前々回に言ってた長財布の2つ目が完成しました。

今回は作業風景を交えてみます。って言っても、完成間近なので面白くないかも大汗

今回の財布のイメージは「高級ソファキラキラ

IMGP2541.jpg

前々からアンティークのソファの背もたれなどに施してある「ボタン締め(留め)」の雰囲気が好きで、革小物で再現できないかと考えていました。

この財布もまた”お任せ”ということだったのでイッチョやってみるかと思い挑戦してみました。

IMGP2536.jpgIMGP2538.jpg
IMGP2539.jpg

ホントいきなりココかって勢いですが、縫い合わせる際の穴をあけてます。

ジッパー付のマチ部分と、本体をズレの無いように目打ちでコツコツMH-iconハンマー

この作業はかなり重要で、もし1つでもズレが生じていたら今までの苦労が水の泡状態なので慎重に計算します。

IMGP2540.jpg

縫い合わせる前にオリジナルロゴマーク”HY”を刻印します。

IMGP2543.jpg

画像1枚でまとめましたが、手縫いの労力はハンパじゃないです。

よく手縫いしている人が、「ひと針ひと針、心を込めて」なんて謳ってますが…ホントかな。キレイごと。

私は、「ひと針ひと針、早く終わらせたい」ってやってます(笑)

気持ちと作業は比例せず、もちろん手抜きなしでバッチリやってますよ。

このコメントは削除した方がいいかなぁ、まあこの意見は賛否両論!でも自分に素直に生きるかフンッ!

そして完成…どうでしょうこの質感は??

じぶんではとても満足してます。中央部分の革は「羊革羊」を使用してあるので肌触りがたまりません。

お客様にも満足して頂けたようなのでホッとしています。

同時に「お揃いの感じで」と折財布のご注文を頂きました。毎度ありがとうございます。ぺこり




大雪。

北陸地方は先週の中ごろに初雪が降り、しかもそれが大雪で毎日30~40cm積ってるって感じです雪の結晶05*IceBlue(白-薄い背景用) †SbWebs†

大人にとっては↓な雪も子供にとっては矢印矢印なようで、異常なテンションの上がり方を目にすると正直いかり

とはいっても子供の喜ぶ姿を想像するとじっとしていられず、除雪で疲れきっている身体を気力で動かしてかなり巨大な滑り台を作りました。

子供もそれに応えてくれるかのように大はしゃぎで滑りまくってました。

実際面倒だけど、夏なら海、冬なら雪とその季節にしかできないことは親が進んで経験させてあげるのが一番だなぁと感じました。

まあモノは考えようで、嫌な雪も降らない地方の人にとっては羨ましいのかと思うと多少は気がはれるかな。

でもやっぱり雪はスキー場だけで十分です。

話はかわるけど、タイトル”なんちゃってワーゲンバスが無残な姿に”画像をご覧ください。
IMGP2513.jpg
車庫が無いこともあって愛車はこの有様です。

かろうじて”W”見えてるけど。

おまけに周りの雪を除雪していたら「ガキっ」とかいって、購入して間もない愛車の塗装が…。

やっぱり雪いらんわブーイング

まず1つ完成。

先日言っていた長財布が1つ出来上がりました財布

まず注文内容から説明すると「黒系の革で長財布」と、なんとも簡潔な内容でしたあんぐり

こういった注文の時は一番悩み、そして不安です。

今まで注文を受けてきて良くあるのが、作り手側とお客様側とのニュアンスの違いです。

「シンプルに」と言われそのように作ってみると「なんかシンプル過ぎてさみしい…」ということがちょこちょこあります。

まあ今回は「お任せ」命令が出ましたので、そんな不安もありつつセンスの見せ所です力こぶ

自分の中のイメージは、”大人の派手さ”です。

黒のユーズド加工を施してある牛革にさとと-ヘビちゃん革とのコンビです。ステッチも同色にして色を抑えました。

IMGP2484-w.jpg

なんかうちの商品、さとと-ヘビちゃん革の組み合わせが多い…と言ってもカッコイイので。

しかもヘビは「金運UP」と言われてるし財布にはもってこいの素材。

高級感のある曲線にヘビ革のインレイ。その中央にくびれのあるベルトで重量感をプラスしてます。

ベルトの先の方の繋ぎ目は「贅沢にダブルステッチ」してあるのでさらに高級感を出してますキラキラ
IMGP2487-w.jpg

そしてココが最大の大人ポイント。財布を開いたときにチラッと見えるさとと-ヘビちゃん革。

これは会計なんかで中を開いたときにとてつもなくカッコイイです。

コンビになんかでは横で待っている人に「チラッ」…そして見られてる感に気づき始めると、開くたびに軽いナルシスト状態に浸れます。

IMGP2488-w.jpg

機能的には、大きめにマチをとった札入れが2箇所。カードはあまり持たないということで6枚入れ。カード入れの下にユーティリティなポケットが1。最後にジッパー式の小銭入れが1。

商品を手渡しし、お客様には「予想以上の出来」と良い評価をいただけたので非常に満足してます。

次も今回と同じユーズド加工の革を使った長財布を紹介したいと思います。

同じ革でもまた違った表情をもった財布になるのでお楽しみにぺこり



テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

長財布製作中

今週はじめから、オーダーの入っている長財布を3つ製作しています。

それぞれ”ワンオフ”モノ。(※ワンオフ=1点もの)

ワンオフものは強敵ですが作り甲斐があり、完成した時の達成感はなんとも言えません。

お客様からオーダーを受けますが、オーダーの仕方も人それぞれで…

たとえば財布だと「ここは~革で、ここは~色の~革で、ポケットは~個で」といった感じ。

ここまでは何の問題もなくクリアできるんですが、これからが難題でもあり腕の見せ所でもある全体のデザイン。

私が1つの作品を手掛けるうえでのウエイトの置きかたはメモ

【構想・構成】…50%
【 型  紙 】…30%
【 作  業 】…20%

中には「え~、作業は20%なの」と思う人もいると思うけど、この構想・構成を甘くみると痛い目に遭います。

この段階が良いまとまり方をすると、否応なしに良いモノが出来ます。
さらに作業効率も良いです。

作業とは既に備え付いた技術のうえで行うことなので、時間は費やすけど、頭の方はそこまで使いません。(神経はかなり使うけど)

性格の問題もあるけど私の場合、構想・構成がまとまったら頭の中でシュミレーションします。

その段階でひっかかる点があれば、すべて解決するまで実際の作業にはかかりません。

ということもあって作りたい気持ちは先へ先へ行くんですが、頭がそうさせてくれないのが現状です。

…以上。こんな感じで1つ1つの作品が出来上がっていきます。

長財布の1つは今日、明日には完成なのでまた画像と一緒に紹介します。ぺこり

最後に12月19日発売『Daytona BROS VOL.11』にほんの小さなスペースですが、当店の広告がでますんでヨロシクアップロードファイル

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

マイカー

最近手に入れた私の愛車、”なんちゃってワーゲンバス”。

スタッドレスに履き替えてホイールがアルミなので、専用のホイールキャップが付けれないのが残念ねこ

ワーゲンバス

知っている人は知っているって感じの車だと思います。

ベースはH9年式の「スズキ・エブリィ
地元の車屋さんで偶然見つけ、前々から欲しかったこともあってすぐに段取りしてなんとかGet!ぱちぱち

人それぞれ思いはあるけど、私は”なんちゃって”を自覚して乗ってますアップロードファイル

「ワーゲンでもないのに…」とか「あんなの偽物だ…」とか言う人もいると思うけど、あの可愛さはあの大きさだからできることであって、実際オリジナルのワーゲンバスが欲しいかと言うとそうは思いません。

まあ独り言はさておき、この車は色々と問題の多い車で、

①ベース車がボロい。(最近の軽バスでもあるけど、形が丸くないのでイマイチ)
 ■走行距離が多い。■重ステ。■エアコンなし。etc...

②長距離乗るとオーバーヒート。

③ほとんどが2駆。

…と多々問題の多い中、今回入手に踏み切った理由は、

①に対しては、
走行距離…8万キロ台(中ではまだ可愛い方。)
重ステ…パワステ(微妙に重いけどガーン)
エアコンなし…付アップロードファイル

②に対しては、
オーバーヒート対策もバッチリで、ワーゲンマーク部分がメッシュになってる。下にも穴2つ。

③だいたいのワーゲンバス仕様の車は「都会」でのものが多く2駆が多いけど、これは地元の車屋さんが手を入れたものなので雪道でもOKなフルタイム4駆ムーヴ

となかなか細かい下調べをしてから決断に至りました。

これは良いか悪いか、内装まではいじってなくて、ノーマルです。
でも自分でちょこちょこさわれる楽しみがあるなぁと今から楽しみです。

とりあえず第1段階のおさわりは、「メッキモール」キラキラ

ツートンの色の変わり目にメッキモールを取付ようと思います。
(だれかうまい付け方知ってたら教えてぺこり)



続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

最終回・・・

前回紹介した韓国ドラマ「ロビイスト」もとうとうラスト。

昨日、残りの②話を一気にみてしまいました昭和の14インチテレビ

後半にかけて色々な真相が明らかになり、これまでの人間関係が崩壊していき見ている方はヒヤヒヤガーンもんです。…たとえば今までの主要人物がバタバタと死んでいったりがっくり

そんな展開でのラストは、前回に話した「内容が濃いせいかラストがイマイチ」という概念を良い形で裏切り、とても奥深く、さらにハッピーエンドということで、とてもよかったですアップロードファイル

まあ、見ている自分しか分からないことばかり綴り…です。

ロビイスト見た方いたらコメントください。

次回は最近入手した「車」について何か書くつもりです車

「ロビイスト」

 今日は「韓国ドラマ」について。

 なぜかと聞かれると明確な理由は見当たりませんが、夫婦そろって韓国好きです。ドラマ、映画、音楽、ファッションとジャンルを問わず気になる存在。

 今ハマってるドラマは「ロビイスト」主なキャストは・・・

ソン・イルグク・チャン・ジニョン・ハン・ジェソク・ホ・ジュノ。特にソン・イルグクとホ・ジュノは「朱蒙」でも共演している最強タッグです

SO0000000429_0012.jpg

 簡単な説明としては、もともと幼馴染だった主演の二人が成長し、ともに武器の仲介人(ロビイスト)となり色々なドラマを繰り広げるといった内容です。

 これだけでは魅力は感じ取れないかもしれませんが、韓国ドラマ特有のスケールのデカいストーリー展開や設定になっているので、途中①話抜けた…なんてことは許されません。

 なかなか「韓国ドラマ」の魅力を伝えることは難しいけど、自分の思っていることで言えることは・・・

 ①ストーリーや設定のメリハリがきっちりしている。

 ②展開の波が激しく、見ている側が押さえてほしいところは明確に、逆に一緒に考えさせるところは曖昧にと言った感じで飽きを感じさせない。

 ③どの俳優さんも感情表現がうまく、自分も入り込んでしまう。

 ④最後に、男性意見ですが…女優さんが雰囲気があってキレイすぎること…整形って言ってしまえばそれまでだけど、スタイルや演技までは整形できないしってことで納得。

↑④については、女性目線からみた男優さんも同じことが言えると思いますよ。

 あと残り3話ってとこなので早く次がみたくてウズウズしてます。

 不満ではないけど一つだけ言えることは、途中過程の内容が濃いせいか、ラストがイマイチ「えっ」ってことが多いのも事実ですパンダ汗

 なにか隠れおもしろドラマがあればご協力お願いしますぺこり

バンビ毛皮ウエストバッグ

今回はバンビ(鹿)の毛皮をフタに使用したウエストバッグです。

IMGP2447-b3.jpg


とても毛並が良く、毛の流れにそってナデナデしてると思わずクセになってしまいそうですピクミン

本題に入りたいと思います・・・

今回のお客様は、とても詳細を明確に伝えていただけたと言うこともあって、とてもイメージしやすく作り手にとっては大変助かりましたニコニコ

IMGP2451-b2.jpg

まずはバッグ本体に取り掛かりましたMH-iconハンマー
前面にポケット、フタを閉めたときにチラ見えする赤いヘビ革さとと-ヘビちゃんそしてジッパー式というのが主なご要望でした。
それと・・・フタを閉めたときにバタバタ酔いどれインコしないように留め具をということで、今回は開閉に楽なマグネットを使用しました。

本体自体は濃~い茶、焦げ茶の革を使いしぶく仕上げました。

本体にさほど苦労はなかったんですが、いざフタに取り掛かろうと思うと、急に手止まりましたアップロードファイル

理由は本体とのバランス。。
ここがお客様の1番のご要望「今さっき山から鹿の皮剥いできました」鹿このご要望がとてつもなく自分にとって高になりました。

とにかく自然のラインをうまく利用するということだけは決まっていましたが、どの方向でどこの場所を使ってということがなかなか決まらず本体を作るよりも時間を費やす結果になってしまいました汗

しかしこのバッグの最大のポイントなので当然のことかもしれません。
そして苦労の末、ついに完成
フタもバシッとキマり、赤いヘビ革さとと-ヘビちゃんチラ見えもGoodで・・・すが本体が縦長のせいか全体のバランスがいまいちな気が・・・

IMGP2459-b2.jpg


と言う不安は実際に付けてみて吹っ飛びましたロケット
画像のように毛皮の感じも、大きさも存在感をとてもアピールできていて120%の完成度でした。

この度は誠にありがとうございましたぺこり

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

HY

Author:HY
服部革店の服部です。
革にはじまり、色々な事に興味をもつ2児のお父さんです。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。